岡山・倉敷のグルメなお店を徹底レポート! 写真満載☆シェイプアップ情報もあるよ♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |

広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国 西安旅行記2
2006年10月14日 (土) | 編集 |

広告
西安2日目です。
まだリラックスできてなかったのか
何回も目が覚めて、熟睡できませんでした

続きを読む前に・・・ 人気ブログランキング FC2ブログランキング ←ポチッと応援クリックお願いします。

朝ご飯は、ホテルのレストランでバイキングです。
レストランに入る前に、部屋番号を聞かれるんだけど
普通に日本語で答えたら、大きい電卓を差し出されました・・・
・・・あっ!部屋番号を押せっていう事ね~
なるほど~♪
ポチポチポチポチっと数字を押したら、すぐに分かってもらえました。
バイキングメニューは結構沢山ありました。


この日は、パンとフルーツ、ソーセージ、サラダ、玉子、
ベーコン、ブロッコリーにチャーハン少々。
普通に美味しかったです。
写真の中に、1つだけ初めて食べたものがあります。
遠くに写ってるんだけど、コーヒーカップの持ち手近くの丸い物。
見ただけでもなんだかよく分からなかったんだけど
興味本位でお皿に乗っけました。
1口食べてみたら、ほのかにリンゴのような味と食感。
リンゴほどみずみずしくないです。ちょっとモソモソ感。
芯の方に行くにつれて、少々渋みが・・・
この日は、結局正体が分からなかったけど
あとでなんなのかが分かりました。
見ただけで正体が分かる方はいますか??
日本では滅多にお目にかかれないんじゃ・・・?

バスに乗って最初の観光ポイントに向かいます。
ここから現地ガイドの『董(とう)』さんが案内をしてくれます。
董(とう)さんは、男の人で、見た目は俳優の『今井雅之』に似てます。
頭は長めの坊主?角刈り?でした。
中国の旅行会社の人で、日本語がとても上手です。
ユーモアもあるし、頼りになる。
董(とう)さんがガイドで良かった~♪
バスには日本からの添乗員さんも一緒です。


バスに揺られて、世界遺産の『兵馬俑坑(へいばようこう)博物館』へ。
写真は、駐車場を降りてすぐ近くにある『秦の始皇帝』の像です。
大きいですよー!人物と見比べてみてくださいね。

ここで写真を撮る人が多いんだけど
駐車場に入る車も多いから、クラクションの音が
ブーブープープカうるさいのなんのって!!
中国は、みんなクラクションを平気で鳴らすんです。
それが普通みたい。

敷地面積がかなり広いんで、博物館の近くまで
庭?の様なところを運転手付きのカートに乗って行きました。
歩いても行けるけど時間がかかるし大変だからって事らしいです。
カートは巡回してるのかな?





1枚目に写ってる赤い旗は、董(とう)さんが持ってる旗。
迷子になったら、この旗めがけて一直線!です
『兵馬俑坑博物館』は、世界遺産だけあって、すごい人です
人が多すぎて写真を撮るのも一苦労・・・。
ガラス張りの像の周りには、他のカメラのフラッシュの光が反射しまくりだし
人に押されて、構図なんて考えてられないし・・・

『兵馬俑坑博物館』は、1974年に始皇帝陵(始皇帝のお墓)東側の
果樹園で井戸を掘っていた農民が、偶然、地中から陶製の武士像や
馬像を掘り当てたのが始まりとされています。
この掘り当てた農民が、博物館の館長さんになってます。
もうおじいちゃんです
博物館で本が売られてるんだけど、その本を買うと
この館長さんが本にサインをしてくれます。
私は買わなかったけど、グループの1人が買いました。
サインを見せてもらったけど・・・・・・う~ん。。。

1号坑、2号坑、3号坑と公開されてて、1番大きいのは1号坑。
ズラズラ~っと並んだ兵士や馬の像は圧巻です。
1体1体が実物大で、それぞれ表情や服装、装備が違うそうです。
今は、全部土色に見えるけど、当時は彩色が施されていたとか・・・
すごいですよね~


博物館の外や中に、写真のような人がいます。
人形かと思うくらいピクリとも動きません。直立不動です。
じーっと観察してみたら、まばたきはしてました。
見世物じゃないのに、みんなに写真を撮られてました。
私も写真撮っちゃったし・・・すみません


バスの中から撮ってるんで窓ガラスに色々反射して
鮮明な写真じゃなくて申し訳ありませんが・・・『西安の車窓から』です。
左側の写真が、『始皇帝陵』です。
1つの山、全体が始皇帝のお墓なんですよ
右側の写真は、博物館に行く道に並んでるお店。
『始皇帝陵』の周りは、ザクロの果樹園が広がってるんです。
本当は、路上で売るのは禁止らしいんだけど
何十というお店が路上に並んでます。
最初、リンゴを売ってるのかな?って思ったんだけど、よく見たらザクロ。
リンゴと勘違いするくらい大きいんです!

お次は、『華清池』へ~♪



『華清池』は、秦の時代から続く温泉地です。
唐代中期には、玄宗皇帝がここに華清宮を建て、楊貴妃との愛の日々を送ったとか・・・
また、1936年の西安事件で蒋介石が捕らえられた場所としても知られています。

この中も結構広くて、カートが走ってました。


『楊貴妃』の像です。
董(とう)さんが、説明をしてくれます。
「楊貴妃ハ、歌モ踊リモ上手デ、玄宗皇帝ニトテモ気ニ入ラレテイタンデスヨ。
 ・・・胸モ大キイデスネ。フフ
・・・・・・・・・・・・・・董さ~ん



お昼ご飯です。
レストランのような所の2階で食べました。
郷土料理らしいんだけど、やっぱり味がイマイチ。
スープは前日のスープより多少味があったんで美味しかったです。
でも、全体的に味が薄いな~・・・
デザートにザクロが出てきました。
ザクロは日本でもたまに食べるし、結構好き♪
種ばっかりだから食べにくいんだけどね。
綿菓子みたいなのは、『龍のひげ』っていうお菓子。
テレビで作ってるのを見たことがあったけど実物を食べたのは初めて!
優しい甘さでなかなか美味しかったです

さて、お次は『青龍寺』へ。


『青龍寺』は、弘法大師の空海が教えを受けたお寺です。
坂の上にあるんだけど、途中の道が工事中で車が通れないんで
坂の下から歩くことになりました
坂を歩いてると、赤ちゃんが泣いてました。
おばあちゃんらしき人が抱いてます。
で、驚いたのが赤ちゃんのお尻!丸見えです!
なんで丸見えなのかというと、オムツをしてなくって
赤ちゃんの服の股の部分に切込みが入ってるんです。
だから、抱きなおすとプリーンってお尻が見えちゃうんです。
ホテルのテレビで、なに言ってるのかは分からないけど
パンパースのCMをやってるのを見たから
オムツが買える人はつけるけど、買えない人はこれが普通なのかな。
ちょっとしたカルチャーショックを受けました。

空海は、四国の香川県出身っていう事で、『青龍寺』の中には
四国の4という数字に関係する物がいろいろありました。
右の『空海記念碑』の周りには、丸いボールのような物が
4つ置いてあります。(写真には写ってないけど)
これは四国4県をあらわしているそう。
それと『空海記念碑』に行くには四段の階段があるんだけど
これも四国4県に通じているとか・・・
日本からプレゼントされた桜の木もありましたよ。



はい。またまた『西安の車窓から』です。
1枚目の『招待所』っていうのは、『ビジネスホテル』っていう意味らしいです。
看板とか、漢字ばかりだからなんとなく意味は分かるけど
中国って略字が多いし、日本では使われない漢字も多いんで
完全に理解するのは難しいですね。
略字っていうのは、『産』の字だったら『生』の部分を省いてるって事です。
『兵馬俑坑博物館』の中の写真を見たら写ってますよ

他は、日本じゃ見かけない風景。
親子3人乗りのバイクとか、荷物載せすぎの自転車。。

次は、お茶の専門店に向かいます。




チャイナ服を着た若い女の子が説明を交えながらお茶を入れてくれます。
鉄観音茶から始まって、真珠ジャスミン茶、人参ウーロン茶
白毛茶、一葉茶、普洱(プーアール)茶と飲みました。
湯のみはちっちゃいんで、少しずついろいろ飲めます
お茶の専門店だからお茶の種類も多いけど茶器の種類も多いです。
茶器の紹介もしてくれて、1枚目の左に写ってる桃の形をした茶器は ふたがないんです。
お湯は、茶器の底から入れます。
でも、注ぐ時にはお茶がこぼれないっていう不思議な仕組みの茶器です。
お湯を注ぐと、茶器に描かれてる龍の色が変わる茶器もありました

夕ご飯を食べる場所に移動~





夕ご飯は『広東料理』です。
んー・・・炒め物ばっかり
ここで思ったのは、中国料理は野菜の使用量が多いって事。
ヘルシーかな?と思いきや油の量も多いから、どうなんでしょ??

この場所は、劇場のある建物なんです。
元々ツアーには含まれていないけど、オプションで劇場で催されるショーを
観賞できるらしい。
ショーは、唐代歌舞っていう当時の踊りや歌を再現したもので
宮廷雅楽や剣舞、バレエ、歴史劇などいろんな演目があるみたい。
ショーを見ることにした私たち6人と数人は劇場に行って
他の人達は先にホテルに帰る事になりました。
劇場に移動したら、他の海外からのツアー客が劇場前のテーブルに座って
豪華な料理を食べてました。
・・・・・・私も劇場前のテーブルで食べたかったー!
料理を食べながらショーを楽しむこともできるらしいです。
しばらくステージから遠い場所で待機させられてたんだけど
董さんが手配してくれていた席に案内されました。
1番前じゃなかったけど、ステージからなかなか近いしいい場所かも♪
場内が暗くなって、ショーの始まりです!






衣装も綺麗だし、踊りも揃っててとっても上手!
雅楽も良かったです
ゴージャスで華麗で、見てよかったと思いました。

董さんが迎えに来てくれて
「ショーハ、ドーデシタカー?皇帝ノ気分ニナレタデショウ?」って
聞いてくれました。
うん。確かに
皇帝は、毎晩っていうほどああいう宴を開いてたんだろーなー。

この日は、沢山歩いたからか、腰が痛くなっちゃいました。
3日目も沢山歩く予定。
大丈夫かしら??
まだ続きますが、とりあえず、今日はここまでで~す

ランキングに参加しています♪
1クリックよろしくお願いします!
人気blogランキング
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。以前何度かお邪魔してて、久しぶりにきたら西安!!
一昨年社員旅行で行きました。
行かれてる所もほとんど同じなのでとても懐かしく拝見させて頂きました。秦始皇帝陵は登りましたよ~。しんどかったけど、登って上から見た景色はキレイでした。
それからショーは、最前列で食事しながら見ることができました。踊り子さん達がとってもきれいで、男性社員はかぶりつき状態で見てました。
そして。食事はなぜかどこもイマイチなんですよねぇ。ワタシ達18名で行って、なんと半分の9名が下痢・・・帰ってから検査をしたらO-16●とかって、はっきり覚えてないけどそんな菌が検出されたんですよ(@_@)ワタシはもともと頑丈なので大丈夫でしたが。
それでは続きも楽しみにしてます♪
2006/10/14(土) 22:29:05 | URL | kenママ #-[ 編集]
福山に出張に来ています10月30日までの予定で?
オススメ スポットはありませんか?
(観光・きれいな川)
2006/10/15(日) 09:30:30 | URL | こんにちわ #-[ 編集]
kenママさん

こんにちは!
kenママさんも西安に行かれたことがあるんですね♪
やっぱり食事がイマイチでしたか~(>_<)
しかも下痢ですか!?わ~~~~・・・
私も頑丈だったのか、大丈夫でした。

帰国してからしばらくして風邪引いちゃいましたけどね・・・
早く治したいです!
2006/10/15(日) 23:12:30 | URL | yuyu #TluyS4YI[ 編集]
こんにちわさん

コメントありがとうございます。
福山ですか・・・
申し訳ありませんが、福山は詳しくないもので・・・
お役に立てそうにないです。
ごめんなさい<(_ _)>
2006/10/15(日) 23:14:19 | URL | yuyu #TluyS4YI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。