岡山・倉敷のグルメなお店を徹底レポート! 写真満載☆シェイプアップ情報もあるよ♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |

広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国 西安旅行記3
2006年10月15日 (日) | 編集 |

広告
西安3日目です。
前日の腰の痛みも治まり、なんとか大丈夫そうです

続きを読む前に・・・ 人気ブログランキング FC2ブログランキング ←ポチッと応援クリックお願いします。


朝ご飯は、前日と変わらずホテルのレストランでバイキングです。
この日はパンじゃなくて、麦のお粥にしてみました。
他は前日とほぼ同じです。
麦のお粥は、甘みがあって美味しかったです

お腹がいっぱいになったら観光へGO~!です。

バスに乗ってしばらく経って、董(とう)さんが何かを配り始めました。
ビニール袋に何かがゴロゴロと沢山入ってます。
私たちの側までやってきて
「ナツメ。朝採ッテキマシタ。口ニ合ウカワカリマセンガ」と言いながら
5つくらい渡してくれました。
見てみると、前日のバイキングで取った正体不明の果物と同じ物!
あのリンゴみたいな果物は、ナツメだったんですね~♪
食べてみるとホテルで食べたのよりみずみずしくて美味しい!
採りたてだったからかな?
日本では、ナツメなんて食べないからいい体験をさせてもらいました


バスからの光景『西安の車窓から』です!
広場では、大きい扇子を持って踊ってるグループがいました。
路地では、沢山のバナナを売ってる人も・・・
他に、バドミントンを楽しんでる人とか・・・
平日の朝なのに、朝から外に出てる人が多いんですよね。
あまりに多いから董(とう)さんに聞いてみました。
そしたら10月1日から7日まで、中国では国慶節という国の休日らしいんです。
だからみんなお休みなんだって。
どーりで人が多いわけだ・・・

『乾陵』に到着~!



『乾陵』は、中国唯一の女帝・則天武后と、唐の3代皇帝・高宗の合葬墓だそうです。
1枚目の写真、山が2つ並んで見えますよね?
董さんいわく、
「女性ノ乳房ノヨウニ見エルノデ、乳頭山ト呼バレマス」とのこと。
人の身体に例えて、向こう側が足で、写真を撮った場所は首の部分なんだって。
2枚目は、『乾陵』の入口に出てた屋台?
平べったいパンのようなもので、お肉らしきものを挟んだものを売ってましたよ。
3枚目は、『乾陵』の周りの風景。
畑が広がっていました。

お昼ご飯は、次の観光地『永泰公主墓』のすぐ近く。


いかにも大衆食堂~って感じのお店でした。
少し分厚めのビニールののれんをくぐってお店に入りました。
『田舎料理』らしいんだけど・・・
ちょっとこのお店は勘弁・・・って感じでした。。。
食器が全部濡れたまんまで置いてあるし、不衛生な感じ。
んー・・・でも田舎だし、、これが普通なんでしょう。
これも経験。
1枚目の右に写ってるのは、パンのようなもの。
小麦粉を練って作ってるのかな?味は全然ついてません。
2枚目の左に写ってる茶色のは、モチモチとして甘かったです。


お昼ご飯を食べ終わって、歩いて『永泰公主墓』に向かいます。
右側の写真が『永泰公主墓』の入口です。
『永泰公主』は、4代中宗の第七女。
表向きは、難産で死亡したことになってるけど、本当は
則天武后の怒りに触れ、17歳の若さで殺されちゃったらしいんです。
則天武后って怖い~~~~!

 入口を入ると、下り坂が続いてます。
 下り坂の両側の壁には、
 所々にガラスが貼ってあって
 実際に掘り起こされた品が飾られています。
 一番奥まで行くと、
 黒くて大きな棺が置いてありました。
 棺の周りには柵がしてあって
 身長より遥かに大きい棺なんで
 中身がどうなってるのかは
 全然分かりません。





 棺に行く途中にある壁画です。
 この壁画は、日本の高松塚古墳に
 影響を与えた壁画として有名です。
 なんとなく似てますよね。




 『永泰公主墓』周辺の風景。
 街中とは全然違います。
 かなりほこりっぽいです。
 壁もボロボロですね。




次は『茂陵』へ行きます。



『茂陵』は、漢の武帝のお墓です。
3枚目の一番向こうに見える階段の上まで登ってみる事にしました。

 階段の一番下から見上げてみました。
 思ってたより、
 そんなに高く感じませんでした。
 階段も上へ一直線じゃなくて
 右へ左へと作られているので
 そんなに登るのが
 大変に感じませんでした。








 あっという間に頂上です。
 階段の下から見たら、
 そんなに遠くに感じなかったけど
 登ってから下を見下ろすと
 やっぱり高さを感じます。



 『茂陵』から駐車場に戻る途中で、
 果物を売ってる人達が、
 私たちに向かって
 「ナシ、リンゴ~、美味シイヨー!」って
 叫んでます。
 日本人ってバレバレなんですね・・・。
 母たちが、それに興味を持って
 近寄って試食してました。
意外と美味しかったらしくて、もっと食べたくなったみたい。
私は、ナシの下に敷いてあるシートに印字してある
『尿』の字に釘付け・・・こ、これは・・・
そんな私をよそに、母たちは董さんに
「ナシ食べた~い!買っても大丈夫?」って聞いてました。
そしたら、董さんが
「食ベタイ?ウ~ン・・・ジャア、私ニ任セテクダサイ」って言って
私たちはバスに帰されました。

しばらくバスで待機してると、3つくらいビニール袋をぶら下げて
董さんが帰ってきました。
私たちの分だけじゃなくて、バスに乗ってる人全員分を
買って来てくれたみたい。
しかも、ナシだけじゃなくて、リンゴも柿も買ってきてくれてました。
この柿が小さいんだけどよく熟してる柿で、実がトロトロなんです。
母はこういう柿が大好きで喜んでました。

あとで、董さんにお金を渡そうとしたけど受け取ってくれませんでした。
・・・董さん・・・
私たち日本人が買うと、値段を高くふっかけてくるから
董さんが代わりに買ってくれたんだと思います。
なんて素晴らしいガイドさんなんだー!


また、バスからの光景です。
黄色いものが路上にゴロゴロと散らばってます。
この黄色いのは、トウモロコシ。
西安は、お米が作れないからトウモロコシが主食らしいんです。
トウモロコシと小麦を交互に作ってるみたいです。
乾燥させてるのか、そこら中に沢山転がってます。
地面、汚いと思うんだけど・・・
コンテナ?の上にも沢山。



シルク絨毯を作ってる工場に来ました。
若い女の子が黙々と作業をしてます。
色のついたシルクの糸玉が沢山吊り下げられてます。
次にシルク絨毯が沢山飾られている場所に移動。
いいシルク絨毯は、向きによって色の濃淡が変わるらしいです。
たしかに実際に向きを変えてみたら変わってました。
「オ土産ニドウデスカー?」って工場の人が言ってきたけど
お土産にするには大きすぎるし、高いよー!無理!
でも、ツアーの参加者が大きい絨毯を買ったらしい。
ひゃー!

あ、4枚目のバスの写真は、私たちが使ったバス。
サイドミラーが面白くないですか?
中国のバスは、こういうサイドミラーが多いみたい。


街中の光景。
人も、バイクも、自動車も入り混じってますよね。
これが普通で、車を交わして道を横断してます。
交通マナーはどうなってるんでしょ。
旅行中に事故ってる現場を何回か目撃しました。


夕ご飯は、宿泊ホテルで『西安料理』でした。
『西安料理』って言われても、あんまり今までとの違いが
よく分からないんですけど・・・

董さんがお薦めのマッサージ屋さんがあるって教えてくれました。
行きたい人がいれば、夕食後にお連れしますよって事なんで
行くことにしました。
夜に少人数で行動するのは初めて!
ちょっとドキドキです

 バスに乗って、ある建物前に止まりました。
 これは、建物前から撮った写真。
 緑のライトが印象的でした。














建物の2階に『麒麟軒』っていうマッサージ屋さんがありました。
部屋が沢山あって、ちょうど人数分のイスが置いてある部屋に通されました。
座って待ってると、若い男の子達がゾロゾロと入ってきました。
「キャー!もしかしてこの子たちがマッサージするのー?」と
心の中で思ってると、おもむろに準備を始めて
靴下を脱げと指示を出されました。
ズボンはひざ小僧の上までまくります。

普段、マッサージなんて行かないし緊張します・・・

肩こりもないし、この日は腰も痛くないし・・・どーなるんだろって思ってたら
マッサージは別に普通。
痛くないなーって思って余裕で目を閉じてたら
足ツボマッサージに切り替わったみたいで「ピキッ」と鋭い痛みが!!
痛すぎて笑っちゃいました。。。
そしたら、担当の男の子がこっちを見て
「リラ~ックス・・・」っていうから「は、はい・・・」って素直に黙りました。
この後は、痛くっても我慢して、苦痛に顔をゆがめてました・・・
だって、他の人みんな静かなんだもん・・・

次にうつぶせにさせられて、背中のマッサージです。
されるがままにしてたら、上半身を起こされて、男の子の上に乗っかる形に・・・
「イヤー!恥ずかしいーーー!」と思いつつ、されるがまま・・・
あぁ・・・

最後は、樽のようなものに足を入れるサウナです。
これ最初の内はあったかくて気持ちよかったんだけど
中盤から暑くて火傷しそうでした・・・
下に竹が敷いてあるんだけど、暑くて足を置いておけないから
ちょっと足を浮かしたり、動かしたりで大変でした。

なんだかマッサージに来て、疲れが取れたのかどうか分かりません。
精神的に疲れたような気がします・・・

では、今日はここまで!
あと1回で旅行記は終わりの予定です。

ランキングに参加しています♪
1クリックよろしくお願いします!
人気blogランキング
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
にこにこ@です。

マッサージにいったんですが
精神的に疲れたんですか?
それは災難って言っていいのかな?

僕はマッサージには一時期よく通っていました。
良い店があればと思っていますが
なかなかありませんよね。

今度、玉島と言う所まで
マッサージに行ってきます。

どんなのが今から楽しみにしてます。
2006/10/16(月) 22:46:33 | URL | にこにこ@ #-[ 編集]
風景、雰囲気は
中国はやはり日本と大分違いますか?

写真を見ていると
とてもほのぼのとした物を感じました。

それではまた来ます
2006/10/19(木) 00:14:13 | URL | にこにこ@ #-[ 編集]
はじめまして!!
ブログを拝見させていただきました!!
写真が豊富で、とても詳しく解説されているブログで
すごくわかりやすかったです!!

私も同じような岡山のレストランなどを
紹介するブログを作っているのですが
見習う点がたくさんありました!!

もしよければリンクを貼らせて
いただきたいのですが、よろしいでしょうか?
2006/10/19(木) 00:58:57 | URL | 清実U人ゝω・) #SUtP5XJM[ 編集]
楽しそうにしてるね♪
お元気(^^)?

また淡路にもおこしやすぅ
2006/10/20(金) 02:42:42 | URL | けんぶぅ~(・ω・)ノシ #-[ 編集]
にこにこさん

にこにこさんは、よくマッサージに行かれるんですね。
私は全然です。
一日中パソコンに向かってても肩が凝らないんですよ。

西安は、、、そうですね、ほのぼのしてると思います。
まだ近代化の途中って感じで、道路工事をしてるところが
沢山ありました。

中国旅行から帰ってきて、日本が一番だなぁ・・・って
しみじみ思いました(^^;)
2006/10/22(日) 13:41:30 | URL | yuyu #TluyS4YI[ 編集]
清実さん

はじめまして!コメントありがとうございます。
ブログも褒めていただいてありがとうございます。
嬉しいです(*^^*ゞ

リンクの件は、どうぞ貼ってやってください♪
今後もよろしくお願いしますね(^^)
2006/10/22(日) 13:44:57 | URL | yuyu #TluyS4YI[ 編集]
けんぶぅ~!!

わ~♪いらっしゃい!
淡路ではお世話になりました!<(_ _)>
岡山にも遊びにいらして~☆

また淡路に行ったときはよろしくです(〃'∇'〃)
2006/10/22(日) 13:47:33 | URL | yuyu #TluyS4YI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。