岡山・倉敷のグルメなお店を徹底レポート! 写真満載☆シェイプアップ情報もあるよ♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |

広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国 西安旅行記4
2006年10月22日 (日) | 編集 |

広告
西安4日目。
観光最後の日です。

続きを読む前に・・・ 人気ブログランキング FC2ブログランキング ←ポチッと応援クリックお願いします。

この日は遠くには行かず西安の市内観光がメインでした。

まずは、西安城内を囲む、現存する中国最大規模といわれる
都市城壁の上にあがります。
中国で旧城壁が完全に残ってるのは西安だけなんだって!

 城壁へ上がる前に、見上げてみたら
 城壁の上に兵士の格好をしてる人がいました。
 手を振ったら、苦笑いしながら
 振り返してくれました♪
 ちょっと間を置いてから
 また見上げて、手を振るってのを繰り返してたら
 いなくなっちゃいましたけど・・・


城壁に上がってすることは、サイクリング


サイクリングって聞いてたから自分でこぐのかと思ってたら
城壁の向こうの方から三輪車に乗った集団が霧の中から出現!
私たちは乗ってるだけでいいみたいです。

三輪車集団の後から、兵士の格好をした3人組が歩いてきました。
どうやら観光客用にこういう格好をした人がいるみたい。
手を振った兵士さんじゃなかったです。

 母と一緒に三輪車に乗ってま~す!
 運転手はアオさん。
 「私、アオト言イマス。
  ドウゾヨロシクオ願イシマス」って
 後ろを振り返って自己紹介してくれました。

 偶然、上の写真2枚ともにアオさんが写ってました。
 左の写真では、真ん中の人。
 右の写真では、一番左の立ってる人。

 城壁が古いからか、ガタガタ揺れたけど
 楽しかったです。




サイクリングの後は、城壁をテクテク散歩です
写真は、城壁から見下ろした図。
なかなかいい雰囲気です。

母と冗談を言いながらじゃれて歩いてたら
城壁を降りる階段のところで、同じツアーの女性(おば様)が母に
「お嬢さん、お綺麗ね~♪」と声を掛けてきました。
私が心の中で「まぁ!えへへ・・・」と喜んでたら、母が
「そ~ぉ?でも、相手がいないから困ってるんですよ~
 いい人いません?」って。。。
もー!人がいい気分でいるのに余計な事言うんだからー!ヾ(`◇´)
・・・ホントの事なんだけど

そのおば様は息子ばかりで、私たちが羨ましいって。
たしかに仲は良いです♪
母が寛大だからいいのかな?

次は『西安碑林博物館』へ。



『西安碑林博物館』には、漢代から清代までの石碑が
保存されているそうです。
巨大な石碑がいっぱいありました!
2枚目の石碑は、有名な書家が書いたものらしいです。
3枚目は拓本を作ってるところ。

 これは『小雁塔(しょうがんとう)』
 唐代の僧、義淨がインドから持ち帰った
 400部あまりの仏典を翻訳し
 納めるために建てられた塔だとか。
 塔の手前に沢山写ってる石柱は、
 馬を繋いでおくためのものらしいです。
 ニョキニョキと必要以上に
 狭い間隔であったけど・・・
 ホントに馬を繋ぐためだけの
 ものだったのかな。
 見ようによってはお墓のように
 見えなくもないので
 ちょっと怖くなりました・・・


お昼ご飯を食べに行きます!
街中のレストランに行きました。

 お茶・・・
 茶柱が2本も立ってるよ~♪







お昼は『火鍋料理』
日本でいう『火鍋料理』って赤い激辛スープと
白いパイタンスープが半分ずつ鍋に分かれて入ってて
しゃぶしゃぶみたいな感じで食べますよねー?
そのつもりでお店に入ったんだけど、このお店は違いました。
日本のしゃぶしゃぶみたいな感じ?



鍋に入れる具材は、牛肉・羊肉・野菜etc.つけダレは、ゴマ。
日本のゴマダレとは全然違います。
ただのゴマペーストって感じ。酸味はありません。
野菜の種類が変わってました。
ジャガイモとかトマトとかレタスとか・・・
日本じゃ鍋に入れないような野菜がお皿に並んでました。
でも、見たからに今まで食べてきたお昼より美味しそう☆
みんなもそう思ってたらしく、、、2枚目の写真、すごいでしょ?
箸が具材に向かって四方八方からのびるのびるー!
3枚目の写真に写ってる揚げパンみたいのが
外がカリカリして美味しかったです。
つけダレが、そのままじゃちょっと味気なかったんで
日本からの添乗員さんが持ってきてた『味ぽん』を拝借。
ん~♪酸味が加わって美味しくなった!
他のみんなも『味ぽん』を加えてました・・・

お昼ご飯を食べ終わったら『大雁塔』に行きます。



『大雁塔』は、インドから経典を持ち帰った玄奘三蔵が翻訳した
600部余りの仏教経典を納めるために建てられたそうです。
三蔵法師の偉業をたたえる西安市のシンボル的存在らしいです。
歩いていくと、真っ赤な沢山のロウソクが立ってる場所に着きました。
お線香をお供えする場所みたいです。
赤色っていうのは中国では意味のある色らしく
ロウソクもお線香も真っ赤か!
お線香、めちゃくちゃ長かったですー!

次に、お土産屋さんに連れて行ってくれました。
国営のお店だって言ってました。
たしかにスリとか変な物売りとかいないから安全かもしれないけど
買えるものがありませんでした。
翡翠のネックレスやらピアスやら勧められたけど
デザインがあんまり・・・シンプルすぎるというか。。
買うんだったらちゃんと身に着けたいから
しつこく勧められたけど買いませんでした。
あとは、ほとんどの物が高くて手が出ませんでした

 お店から外に出ると
 「バチバチバチバチ!!!!」と
 すごい音が!
 ・・・爆竹です
 国のお休み中だから鳴らしてるのかな?




次は『陝西省歴史博物館』へ。
『陝西省歴史博物館』に入って薄暗い中、董さんが説明をしながら
館内を案内してくれます。
ここは、原始から清代までの歴史を伝える陝西省最大の博物館なんで
たくさん展示物があるんです。
董さんについていくだけでも大変。
なんだか私は薄暗さのせいか、董さんの説明が子守唄に聞こえてしまったのか
眠くて眠くて仕方がありませんでした。。
母に引きずられながらみんなについて行ってました。
頑張って董さんの説明を聞いてたつもりだけど
ひどい顔をしてたんじゃ・・・と思います
董さんの説明で「へぇ~」と思ったのは 名字で祖先の民族が大体分かるっていう事。
博物館の中に一覧表があって、董さんの祖先は匈奴民族みたい。

 これは、博物館の
 お土産コーナーにあった人形。
 あまりにも人形の顔がまぬけで
 つい激写しちゃいました
 買う人いるのかな?




夕ご飯を食べる場所に移動します
バスの中で初日にお願いしていた印鑑が配られました。
ちゃんとお願いしてた通り、四角い印鑑に名前が彫られてました。
文字もちょっと変わったのを選んだし、結構いい感じ♪ヾ( ~▽~)ツ
母にも見せたら・・・
「おー!いいじゃん!・・・ん?フルネームにしたの?」って。
え・・・持ってない印鑑にしようと思ってフルネームにしたんだけど。
「結婚したら使えないでしょー。・・・もしかして結婚しないの?(;¬_¬)」と母。
はっ!そうか!あー!大失敗!
結婚は、、、そりゃできればしたいですけど、なんせ相手がいなぃモニョモニョ


夕ご飯を食べる場所に行く手前の道が
すごく狭い路地なんだけど、綿菓子売りの人や
ゲームを楽しんでるおじいちゃんたちがいて生活感にあふれてました。
バスから撮ってたのと、日が暮れてきてたのとで写真はブレブレ・・・
でも、おじいちゃんたちのは何だか面白い写真が撮れたなって思います。

 バーン!
 立派な建物です!
 最後の晩餐は豪華そう~♪
 この2階で夕ご飯です。





 2階に上がって董さんが
 ベランダに案内してくれました。
 ベランダに出てみると幻想的~~♪
 董さんが
 「ココハ墨絵ノ世界デス」って。
 うん。たしかに!



 建物内は、今までで
 一番ちゃんとしてました。
 外観も立派だったから、
 有名なお店なんでしょう。

 最後の晩餐は『餃子料理』
 いろんな種類の餃子が食べられるとか。












2枚目のペンギン
これ最初はシイタケかと思ったんです。
食べてみたら餃子!びっくりです!
他にも金魚の形をした餃子とか
日本では食べた事がない餃子が出てきました。

味は餃子自体についてるらしいんだけど
やっぱりちょっと物足りない感じ。
またしても『味ぽん』が登場しました。
中国人のスタッフが周りにいる中で
『味ぽん』を使うのはどーかなー?悪いかなーって
思ったけど、『味ぽん』で食べたら美味しかったです。

中国には、甘い餃子があるんですね。
見た目は普通の餃子でも食べたら甘いっていう餃子が
何種類かありました。

いろんな餃子があって楽しかったです。



ホテルに帰るまでの街の風景。
ネオンが中国中国してますよね
4枚目は、ペプシコーラの看板。
ペプシコーラを、どういう視点からアピールしたいのか・・・
面白かったんで撮ってみました。
そういえば、中国での食事の時は決まって
ビールかコーラかスプライトのどれかを選ぶように聞かれました。
定番ドリンクなのかな?

ホテルに着いたのは遅めだったけど、観光中にお土産が全然買えなかったから
ホテルの1階にあるお店でお土産を買うのに奔走しました。
どんな物がいいのかすごく迷ったけど、食べ物以外にしようと思って
女性には、シルク刺繍が外側にほどこされてる折りたたみ式の手鏡。
男性には、携帯灰皿とか漆器とか。
漆器っていっても箱なんですけど、西安の伝統工芸品らしいです。
箱をお土産ってどーだろって思ったけど、綺麗だったし。
サイズと模様がいろいろあって、どれにしようか最後まで悩みました。
中国のお土産って選ぶの大変ですね・・・(-ω-)

日本へ帰国する朝です。
7:55発の飛行機に乗るんで、めちゃ早の朝食です。

 朝早かったからホテルのバイキングも
 いつもより種類が少なかったです。
 シリアルを2種類入れて
 ヨーグルトかけにしてみました。

 荷物を運んで、ホテルをあとにします。
 『西安賓館』お世話になりましたー!


 搭乗します!(。・ω・)ノ゙
 岡山行き。
 『岡』の字が変わってますね。






 私たちが一番乗りー!
 ガラガラ~♪

 行きは、翼の前の席だったけど
 帰りは、翼の後ろの席でした。










 乗ったはいいけどすごい霧
 写真は、隣に止まってる飛行機。

 霧のおかげで飛行機の中で
 1時間待機しました。




 1時間遅れて、出発~!
 まだ霧がかなり濃いけど大丈夫かな?







 グイーン!
 上昇します!
 ちょっと太陽が見えてきた?







 霧を抜けました!
 これで一安心です。







 西安バイバーイ!
 董さんありがとー♪

 西安旅行、最初はどうなることやらって
 思ったけど日本じゃ体験できない事ばかりで
 なかなか楽しかったです










最後に、西安に今後行く方の為に・・・(って行く人はあまりいないかな?)
食事について。
西安の食事は、味がない or 薄い、甘いっていう印象を受けました。
やっぱり普段食べ慣れてる味はホッとするもので・・・
日本の添乗員さんが持ってきてたように『味ぽん』とか『醤油』とか
小さいサイズの物を持って行っておくと良いかも。

それから、トイレ情報~♪
中国のトイレって、私が想像してたのは『ドアがない』とか
『トイレットペーパーがない』とか・・・
さすがに『ドアがない』トイレはなかったけど
がかからない or 鍵がないトイレはありました。
だからトイレには1人では行かずに、ドアを押さえてもらう為に
2人以上で行った方がいいと思います。
『トイレットペーパー』はないと思ってた方がいいです。
ホテルとか空港とかちゃんとした場所にはあるけど・・・
『トイレットペーパー』は便器に流しちゃダメです。
専用のゴミ箱があるのでそこに捨てましょう。

あと西安は、ほこりっぽいので目薬やノド飴を準備しておくと
いいかもしれませんね

と、いう事で『西安旅行記』終了でーす。
次回からはいつも通りグルメレポートに戻ります♪

ランキングに参加しています♪
1クリックよろしくお願いします!
人気blogランキング
コメント
この記事へのコメント
yuyuさん。食事、同感です!!
ところで。トイレ。楊貴妃さんのお風呂のとこだったかなぁ、記憶が曖昧だけど・・・ドアを開けると、そこには仕切もなく便器が並んでるっていうの1カ所だけ見ました~。やっぱね、まだあるんですよねぇ。
2006/10/24(火) 22:16:36 | URL | kenママ #-[ 編集]
kenママさん

楊貴妃のところのトイレ、私も行きましたが
私が入ったトイレは宮殿みたいな造りになってる綺麗なトイレでした。
でも、場所によってはドアがないトイレもあるでしょうね。
中国は広いですから・・・

私が回った場所の中では、ガイドさんいわく
『大雁塔』の入口付近にあるトイレが綺麗さNO.1だとか(^^;
2006/10/25(水) 01:34:55 | URL | yuyu #TluyS4YI[ 編集]
はじめまして。
来年早々主人と西安へ行く予定になっています。
現地ガイドを雇い観光するのですが、情報が少なく探している時に偶然みつけました。
楽しく読ませていただきました。
舞踊ショーはどちらでご覧になったのでしょうか?
もしおわかりになれば教えてください。
2006/10/27(金) 10:17:58 | URL | ねね #-[ 編集]
ねねさん

はじめまして!
西安に行かれるんですね(^^)
舞踊ショーは、たしかパンフレットを持って帰ったと思うので
ちょっと探してみますね。
もう少々お待ち下さい(・・;)
2006/10/28(土) 22:22:09 | URL | yuyu #TluyS4YI[ 編集]
ねねさん

舞踊ショーを見た場所は、『陝西歌舞大劇院』でした。
住所:中国陝西省西安市文●路165号
(●の部分の漢字は、『くさかんむり』に『乙』という字です)
2006/10/30(月) 00:05:25 | URL | yuyu #TluyS4YI[ 編集]
西安旅行記、楽しく読ませてもらいましたe-343
貴重な写真が満載で、記事も興味深かったです。e-266
v-504は奥地に入ると、日本では想像できないような世界って
よくきかされましたが、
私も機会があれば行ってみたいな・・・
(やはり、トイレ事情e-207とかは心配だけど)

yuyuさん、先月ついにMyブログを制作しました!v-405
ワーホリに関する記事をアップしていく予定です。
ただし、諸事情でまだほとんど書けていません。v-406
もう少し記事をアップさせたらお知らせするので、
立ち寄ってみて下さい^^

2006/11/02(木) 02:42:43 | URL | なな #-[ 編集]
ななさん

中国、機会があったら行ってみてくださいね♪
カルチャーショック受けますよ~v-398
初めての中国が西安だったからかもしれないけど・・・
次回、中国に行くとしたら、パンダがいる所に行きたいです!

さて、ついにブログを作られたんですねv-410
おめでとうございますv-314
ワーホリは、どちらに行かれたんでしょう?
記事をアップしたら、またアドレス教えてくださいねv-392
2006/11/04(土) 12:06:27 | URL | yuyu #TluyS4YI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。